事業情報

システム開発の依頼をする前に

IT企業にとってシステムは企業活動の要ともいえる大切なものです。企業活動の目的に合ったシステムを導入することで、顧客に対して質の良いサービスを提供したり、従業員が働きやすい環境を作ることができます。
システムの種類もさまざまありますが、より質の高い企業活動を行うためには既存のシステムではなく、個々の企業に合ったシステムを導入することが大切です。企業の成長のためにも、システムを導入してみませんか。

システム開発を依頼する前には、さまざまなことを社内にて検討しなければいけません。

システムを利用する目的を考える

依頼をする前に必ず検討しなければならないのが、システムを導入する目的です。漠然とした目的だけでは企業活動に合わせたシステムを開発することは難しいので、目的を明確にしましょう。
例えば、「顧客のデータを効率よく管理したい」「在庫管理をミスなく行えるようにしたい」など、従業員同士で現状の問題点を話し合い、企業が成長するためには何が必要なのか意見をまとめましょう。

予算を考える

ビジネスとお金は切っても切り離せない関係です。ビジネスを拡大したいと思えば、それに応じた予算も必要になります。特に大規模なシステム開発は今後の企業活動に関わることですから、予算管理を徹底しながら依頼をしなければいけません。予算を考えないでシステム開発の依頼をしてしまうと、後に金銭的な問題が起きてしまうことも予想されます。システムに合った予算を検討しましょう。

現場を見る

大企業は業務部門が細かく分かれているため、各部門が抱える問題点を見落としがちです。企業の動脈ともいえるシステムを開発するためには、単に一つの業務を改善するのではなく、全体の業務が効率よく回るようにしなければいけません。
各部門の問題点を明らかにするためにも、製造系や業務管理系、営業系など全ての現場を見ることが大切です。

日本アクセス株式会社では、販売管理システムや生産管理システムの導入をサポート致しております。お客様の事業環境を分析し、経営戦略に応じたシステムを開発することが可能です。興味のある方は日本アクセス株式会社の会社概要をご覧ください。

  • お問い合わせ
    • システム開発の依頼をする前に
    • 勤怠管理の必要性
    • 生体認証について
    • セキュリティの重要性
    • 業務系システム開発のメリット
    • システムインテグレーションの可能性
    • 生体認証システムの基礎知識
    • 生体認証のメリット
    • 中小企業が抱えるITの課題
    • 人件費を見直そう