事業情報

勤怠管理の必要性

企業は人、物、金、情報で成り立っています。このうち、どれか一つでも欠ければ企業として存続することはできません。特に人はとても大切です。人がいなければ情報・物・金を産み出すことができないからです。
人を動かし利益を生むには、勤怠管理をしなければいけません。勤怠管理は、就業管理や勤務管理ともいい、給与計算や原価計算をする上では欠かせない基本管理の一つです。

勤怠管理の必要性

労働時間、給与計算

勤怠管理の一番の目的は、従業員が働いた時間を計ることです。従業員には、労働時間に応じた給与が支給されます。企業は定められた時間を越えて労働させた場合には、超過勤務として従業員に給与を支給する必要がありますし、出勤しない場合は欠勤として扱わなければいけません。
労働基準法では、1週間に40時間を越えて労働させてはいけない、8時間を越える労働の場合は1時間以上の休憩を与えなければいけないなどの決まりがあります。また、超過勤務を実施する場合には時間外労働協定を締結し、労働基準監督署に届出をしなければいけません。
このように、労働時間を管理して明確な証跡を残しておくことは、企業にとっても従業員にとっても大切なことなのです。


原価計算

労働時間は原価計算の基礎データともなります。
原価計算とは、企業活動から発生する原価や利益を計算することです。原価計算をすることで、製品別の採算性やコストダウンの効果、利益の増減を知ることができます。すなわち原価計算を正確に行うことで経営戦略の構築に繋がるわけですが、そのためには各従業員の労働時間を集計する必要があるのです。


勤怠管理の方法もさまざまあり、タイムカードやパソコン接続式タイムレコーダーなどが使用されています。
しかしこれらの方法は打ち間違いや不正行為が行われる可能性が高く、正確な出退勤管理を行うには少々不安があります。
そこでおすすめなのが生体認証の一種である指静脈認証です。不正を防ぎ、正確な入退室管理を実現することが可能です。企業と従業員のためにも、ぜひ導入してみませんか。

  • お問い合わせ
    • システム開発の依頼をする前に
    • 勤怠管理の必要性
    • 生体認証について
    • セキュリティの重要性
    • 業務系システム開発のメリット
    • システムインテグレーションの可能性
    • 生体認証システムの基礎知識
    • 生体認証のメリット
    • 中小企業が抱えるITの課題
    • 人件費を見直そう