事業情報

生体認証のメリット

以前は犯罪捜査や軍事施設のセキュリティで用いられることが多かった生体認証ですが、最近では勤怠管理や個人情報を管理する部署での入退室管理など、企業様の管理システムとして導入されるケースが増えています。こちらではどのようなところが魅力的なのかに注目してみます。

高レベルでの個人認証が可能

生体認証には指紋や声紋、指静脈など様々な特徴を利用したものがあります。それぞれに認証精度が高いことに加えて、第三者の成りすましが難しいという点も大きなメリットです。
本気で成りすまし、認証システムを突破しようと考えた時にはそれなりの技術が必要になります。また、偽造過程で必ず法に抵触するため、プロの犯罪集団ではない一般の人が偽造やなりすましをするにはリスクが高すぎるという点も大きいです。

運用管理が楽になる

例えば、パスワード認証を考えてみた時に、勤務管理といった多くの人が関わるシステムであるほど簡単で覚えやすいパスワードであることが求められます。セキュリティとしてはとても脆弱で、それを解消するために早いサイクルでパスワード変更をするなど、運用サイドが大変になります。
ICカード認証も総務で全社員分のカードを用意したり登録したりといった業務が煩雑になりがちです。そうした手間の軽減を考えると、 生体認証は業務負担の軽減化にも役立ちます。

忘れない

パスワード制で良くある失敗が、ちょっと難しいパスワードにした場合、管理部署に「忘れたので教えて欲しい」という問い合わせが殺到するという点です。特に出退勤管理のような行う頻度の高いものであれば、管理部署の余計な業務負担が増えることになります。忘れないように手帳にメモしておく方もいらっしゃいますが、そのメモを見られたり取られたりしたら、というリスクもあります。その点自分の体一つで良い生体認証はパスワードやICカードを忘れる心配もありません。

企業様の中には多くの情報を取り扱っているケースも多いと思います。その中には、顧客情報や従業員の就業管理データなど社外流出を絶対に防がなければならないものもあります。高機能のシステムで大事な情報を確実に守りましょう。

  • お問い合わせ
    • システム開発の依頼をする前に
    • 勤怠管理の必要性
    • 生体認証について
    • セキュリティの重要性
    • 業務系システム開発のメリット
    • システムインテグレーションの可能性
    • 生体認証システムの基礎知識
    • 生体認証のメリット
    • 中小企業が抱えるITの課題
    • 人件費を見直そう