事業情報

中小企業が抱えるITの課題

日本を支える企業様の中には中小企業様の占める割合が非常に多いです。日々変化していくビジネスシーンに対応するために、販売・在庫管理や勤怠管理システムにITシステムを導入するケースもあるのではないでしょうか。
こちらでは、中小企業様で特に多いIT関連の悩みがどこにあるのか取り上げました。

ITスキルの不足

システム運用をしていく上で出てくる課題は様々ありますが、ランニングコストがなるべく掛からない方法を知りたい、万が一の時システム復旧に時間がかかるなど様々です。販売管理や静脈認証といったハイスペックなシステムを導入しても、ITに強い人材がいるかいないかでシステム運用の明暗が分かれることも多かったのではないでしょうか。
日本アクセス株式会社はシステムインテグレーションやBPOサービスで長期運用が可能なシステム運用を可能にします。

IT関連業務の属人化

中小企業様の規模によっては、売上・在庫管理・勤怠管理を事務部で一括して担当するケースも多いです。
部署が細分化されていない中でシステムを導入すると、データを取り扱う担当者やシステムを動かせる担当者が限られてくる「属人化」が起こります。
その場合、退職や転職によって人財が流出した場合のダメージが大きいため、静脈認証などの新システムを比較検討するのが難しくなります。

データの正確性や一貫性の保守

管理システム導入の際に良くあることですが、コストを優先させるあまり、売上を管理するのはA社のシステムで在庫管理するのはB社のシステムとなってはいませんか?その場合、データ管理のファイル形式や取扱データの範囲・種類が違うことから、データとしての一貫性を保つためにもう一段階業務が必要になります。業務の生産性向上や経営方針決定を迅速に行うために、システム導入や管理会社を統一するメリットは大きいです。

日本アクセス株式会社ではITインフラの整備やデータ管理、ITシステムコンサルティングと言った面で企業様のお悩み解決に協力できることがたくさんあります。ビジネスに役立つタブレット・スマートフォンアプリや指静脈認証による勤怠管理システムに関しても、ぜひご相談ください。

  • お問い合わせ
    • システム開発の依頼をする前に
    • 勤怠管理の必要性
    • 生体認証について
    • セキュリティの重要性
    • 業務系システム開発のメリット
    • システムインテグレーションの可能性
    • 生体認証システムの基礎知識
    • 生体認証のメリット
    • 中小企業が抱えるITの課題
    • 人件費を見直そう