事業情報

人件費を見直そう

人件費は企業経営において大きなコストとなります。経営する上で費用対効果が気になる経営者様も多いと思いますが、社員にとっては生活費でもあるため中々見直しには踏み切れないものです。
日本アクセス株式会社でも勤怠管理システムの構築についてご相談を受ける機会が多くありますが、こちらでは「人件費見直し」を成功させるためのヒントをいくつかご紹介します。

「人件費削減」=「リストラ」ではない

コストである人件費を抑えるためには、無駄を排除したタイトな賃金が支払われていること、且つ労働の対価として十分な金額が支給されていることが必要になります。人件費の削減や抑制と言うと、リストラは人件費抑制として確かに手っ取り早いものです。
しかし、他社員への引継ぎや過剰な業務負担、モチベーション低下のリスクを考えるとおすすめできるものではありません。
まずは人件費見直しの目的が「削減」ではなく、「最適化」であると理解してもらうことが必要です。

生産性向上を図る

それでは人件費の「最適化」ということはどういうことでしょうか?経営者が人件費を高いと感じるということは、現状の人件費に見合った成果が出ていないと思われているということです。生産性の向上を図ることで、人件費と生産性のマッチングを図っていくのが人件費の最適化です。
そのためには、正確なデータに基づいた勤怠管理状況を把握しなければならず、指静脈を用いた勤怠管理システムが注目されています。

残業制度の見直し

人件費最適化の一例として、残業代について考えてみましょう。
日々忙しい中で働いている社員の中には業務の繁忙により「残業すれば良い」「どうせ残業するから」という考え方に陥る方もいらっしゃいます。生産性向上を本気で考えるなら、この考え方を根本から変えなければなりません。10ある仕事を8時間で終わらせる社員と、2時間残業して10時間で終わらせる社員のどちらにボーナスを与えるかを考えた場合、答えは明白だと思います。
日本アクセス株式会社の勤怠管理システムは、正確性・機密性の高い明確な数字によって企業様の人件費最適化をお手伝いします。

日本アクセス株式会社はやICカードや指紋認証を用いた勤怠管理システムなど、最先端のシステムで企業様の経営活動を支援しています。現状システムに違和感があるということでしたら、ぜひご利用ください。

  • お問い合わせ
    • システム開発の依頼をする前に
    • 勤怠管理の必要性
    • 生体認証について
    • セキュリティの重要性
    • 業務系システム開発のメリット
    • システムインテグレーションの可能性
    • 生体認証システムの基礎知識
    • 生体認証のメリット
    • 中小企業が抱えるITの課題
    • 人件費を見直そう